コーヒー淹れる時間がない人へ最強エスプレッソメーカー「デロンギ マグニフィカ」を紹介しましょう。

Uncategorized

皆さんコーヒーは好きですか?
コーヒー淹れるのめんどくさい人いますよね?お湯沸かして豆挽いてドリッパー用意してサーバー用意してーなんて
インスタントだってお湯沸かさなきゃいけません
しかしこいつは豆と水淹れてスイッチオン
なんなら豆と水淹れっぱなしにしておけば指一本で直ぐできる!!


時間のない人、めんどくさがりのそんなあなたにおすすめ


デロンギ マグニフィカ

を一年ちょっと使ったのでご紹介していきましょう。

マグニフィカのメリット

  • ボタン一つエスプレッソが淹れられる
  • 起動して約3分で完成
  • フロッサーが付いているのでカプチーノなどのお洒落なアレンジも可能
  • 自分の好きな豆をそのまま投入して飲める
  • 珈琲粉からだって抽出可能
  • 挽き立てなので入れた後の香りがいい
  • 自分の好みの濃さに調整可能
  • お掃除楽々
  • 全自動内部洗浄

マグニフィカのデメリット

  • 置くスペースがある程度必要
  • 作動音が少々大きめ
  • コーヒーのカス受けが放っておくととふさふさに…..
  • 価格が少々お高め

見た目

見た目はこんな感じ。

結構大きいですよね。
見た目はなんかTHE コーヒーマシンって感じです。
デロンギってイタリアの家電メーカーなんですがやっぱお洒落

こちらが豆を入れるホッパーです。
ここから自分の好きなコーヒー豆を入れますが大体200g入るらしいです
手前の小さいダイアルは豆の挽く細かさを調整するダイアルです。

こちらはコーヒー粉を入れるホッパー
まあ、豆挽けるんでわざわざ粉買ってくる必要ないと思いますが、なんか貰い物で貰ったやつとかどうしようもない時ここにぶち込んでます。

こちらは操作ボタン絵が描いてあって分かりやすく作られてますね。
上のボタン左から「電源」「1杯抽出」「2杯抽出」「スチームモード」
真ん中ダイアルの左が「抽出量」右が「抽出する濃さ」
下のランプは左から「水の量」「カス受けの量」「現在抽出不可」
ボタンが「手動洗浄とお湯だし」「節電モード」

ちょっとボタン沢山ありますが1週間も使っていれば慣れちゃいます。

こちら右が水タンク下がカス受けゴミ箱になります。
水は水道水からミネラルウォーターなんでもオッケーです。私は市販で買ってきた水を使っています、その方が圧倒的に美味しいですからね。
ただし結構減りが早いです、洗浄、スチーム、抽出全部この水使うのでもったいないと思う方は抽出する時だけ水を入れ替えるって方法もあります。
スチームなんか使ってるとあっという間になくなるのでスチームは水道水でいいと思いますが…

ボタン一つで本格エスプレッソが誰でも簡単に淹れられる

1.電源オン→自動内部洗浄開始
2.自分の好きな豆と水投入
3.好みの濃さに調整してボタンを押すだけ
4.完成

本当にこれだけです。多分3分くらいで出来てしまいます。
しかもこいつのすごいとこはしっかりクレマが立ちます。あのエスプレッソの表面に生まれるクリームみたいなやつですね。
あとは好きな人は牛乳をフロッサーで温めて先ほど入れたエスプレッソにゆっくり入れてカプチーノなんかも出来てしまいます。

いろいろなメニューを作れちゃう ラテアートに挑戦したい人は是非

このエスプレッソメーカーなんですがご親切に説明書にいくつかメニューが載っているんですよね。
初心者の皆さんにも優しい心遣い。
抽出量メモリ2くらいでエスプレッソ真ん中くらいでエスプレッソルンゴって感じです。お湯で割ればアメリカーってな感じで使っています。

  • エスプレッソ
  • エスプレッソルンゴ
  • アメリカーノ
  • カフェラテ
  • カフェモカ
  • カプチーノ

こんな感じですかね。どれも基本となるのがエスプレッソのメニューです。
公式には書いてないですが濃さをmaxにして氷を入れたグラスに注げばアイスコーヒーなんてことも出来ちゃいます。

因みにこちらがフロッサーと言ってスチームでミルクを温めてフォームミルクを使う装置です。
私はあまりカプチーノとか飲まないんで使う機会がないんですがしっかりフォームミルク作れるのでカプチーノ飲む人やラテアート楽しみたい人はすごくお勧めです。
やり方わからなくても説明書にしっかり書いてありますしYouTubeなんかもありますから大丈夫です。

自分の好きなコーヒー豆を選べる

やっぱり一番のメリットはこれではないでしょうか!!
他のメーカーは専用の粉やカプセル使ったものが多いですがこいつは違います。コーヒー豆ならなんでも挽いて抽出できますので美味しいコーヒー豆を探す旅が出来ちゃいます。
フラッと寄った喫茶店の豆でもいいしコーヒー専門店のおすすめの豆でもいいですし

自分の場合は最初身近なとこでカルディのコーヒー豆を買ってきていろいろ試しているうちにこれがきっかけでコーヒーの泥沼にはまっていきました。
通販なんかでも全国の美味しいコーヒー屋の豆を注文できるのでネットで調べて自分の舌で好きなのを探すのも良いですよね。

あともう一つ、豆から挽くのでコーヒーのいい香りが充満します。家の中でカフェのあのいい香りが楽しめるってのも良かったですね。
コーヒーは味もありますけどあの香りを嗅ぐと落ち着くんですよねー。

自分好みの味にカスタマイズ!

さて、先ほどいろんな豆で楽しめる話をしましたが、ここからさらに自分のお好みのコーヒーに調節ができます。
ホッパーのダイアルを回せば粗びき、細引きを調整できます。

あとは正面の抽出量と濃さのダイアルですね。
濃さの調整は豆の量で調節してるみたいです。
抽出量はお湯の出る量で調整。

※ここで注意なんですが抽出量を変えるとお湯の出る量が増えるので味は薄くなります。
なので抽出量を減らすとお湯の量が減るので味が濃くなります。
あくまでお湯の量を増減させているのでそこは自分で濃さを調整しないといけません。
抽出量を増やしたからって自動で味の濃さを調整してくれるわけではないのでそこは注意です。
私は濃さの増減がめんどくさいので常にmaxで使ってお湯の量で調整しております。
量を増やしたいときは2杯抽出で量を増やせば味の濃さは変わりません。

掃除がらくらく

こういう機械って掃除が面倒くさそうですよね?
ですがマグニフィカ

  • 機械の開始と終了時に自動で毎回内部洗浄
  • カス受けとトレーと水タンクは1日一回洗い物と一緒(私は1週間に一回でも問題ないです。3分もあれば終わります)
  • 抽出ユニットはワンタッチで外して水洗いで乾かせば終了。1分で終わります。1か月に一回
  • ユニットと一緒に飛び散った粉を付属のほうきで掃きます。3分。

こんな感じですね。全部5分以内に終わるのでめっちゃ楽です。
気になったときにやる程度で大丈夫。
ただしカス受けはこまめに捨てないと緑色のふさふさが….

置きスペースがある程度必要

幅が280mm長さ425mm高さ365mmとなっておりますのでそれなりのスペースを確保しておかないといけませんね。
けどスペース取ってでも置けば見た目がお洒落なので様になりますよ。
あと10kgとちょっと重いのでしっかりした足場ですね。電子レンジくらいですかね。

音がそれなりにする

やっぱり短時間でエスプレッソ用に細かく豆を挽くことになるのでグラインダーが結構音がしますね。あと抽出する時の振動と作動音。
壁の薄いアパートとかで夜中使ったりすると気になると思いますが、普通のアパートで昼間とかに使うなら問題ないですし、自分は夜中使ったりしますが全然大丈夫そうです。

まとめ

皆さんどうでしたか?欲しくなりました?ちょっと高い買い物ですが私は後悔しておりません
ただしプロの使ってる半自動のエスプレッソメーカーにはやはり叶わないので今度は半自動も欲しいなーなんて思ったりしてます(笑)
けど作ってみると本当美味しいので、お客さんが来た時も堂々と出せるのではないでしょうか!

日常的にも毎日コンビニや自販機でコーヒーを買うんであればマグニフィカで朝コーヒーを淹れてタンブラーで持って行った方がお得かもしれません。確かにたまに缶コーヒー飲みたくなるんですけどね。なんかあのジャンク感がいいんですよね(笑)

私はこの機会のせいでコーヒーにどっぷりはまってしまって出かけるたびにコーヒー豆探しにいったり通販で豆買ったりし始めました。
コーヒーは飲んでも探しても淹れても楽しいです。

私はサブスクが流行る前に買ったんですが今はこのサブスクに全部在庫持ってかれちゃってるんですかね、アマゾンには在庫がなさそうです。
マグニフィカはサブスクリプション月額5100円で毎月コーヒー豆3袋と本体借りられるらしいです。
このコーヒー豆美味しいか分かりませんが美味しくなかったら毎月いらない豆ひたすら送られても困るだけなので分割で買った方がよっぽどいいと思いますが、どうなんでしょう。
せっかくいろんな豆使えるんだから3袋分のお金好きな豆買いたいですよねー

本体価格はアマゾンで45000円ほどで購入いたしましたが1年たったいま上位互換の
マグニフィカSがなんと6000円足せば買えるみたいなのでこっちの方がいいかもしれませんね。
昨日は紹介したのとほとんど変わりません
私実はこっちの方が欲しかったんですが当時もっと高くて買えなかったんですが今はかなり値下げされてますね。

見た目がさらにお洒落でコンパクトになっていて
カフェジャポーネというドリップコーヒーみたいなのが出来るんですよ。

次回はマグニフィカでコーヒー抽出実践します

コメント

タイトルとURLをコピーしました